2017年05月20日

笹谷峠〜仙台神室

グリーンだよ!

P5201668.JPG

登山道に雪、どれくらい残ってるかな?山靴の方がいいかな?て心配してたのに... 
見渡す稜線どころか斜面にも全く雪がないっ!
このシーズン山歩きをしないので知らなかったけど、こんなに山は季節が進むのー!?
GWの真っ白な世界から、これはこれで想像もつかない異世界でした( ̄▽ ̄;)

More...
posted by kazumi at 00:00| Comment(0) | トレッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

黒部源流BC/下山

大半のパーティは5日に下山していったが、6日も下山していくパーティが。
7時過ぎから雨が降り出し、時折激しい雨ガス... さぞ雨に打たれて大変だっただろうな...

私たちは小屋の中でぐーたらな一日。
本を読んでは眠り... 起きてはおやつを食べてまた眠る。
自堕落極まりない一日なんだけど、これはこれで貴重な一日。
午後、雨が落ち着いた時に滑りに行った方々もいましたが、ストップスノーも雨のおかげで板の走りが良くなり、楽しめたそうです。 
私もちょっとは考えたけど…… スゴイな〜( ̄▽ ̄;)

この日の夜は宿泊者がかなり少なくなったため、みんなで宴会🍺
翌日早いためお酒はほどほどに自粛しましたが、楽しい時間をありがとうございました〜♪

翌日は下山するのがもったいないくらい良い天気

P5071644.JPG

More...
posted by kazumi at 00:00| Comment(0) | 山ボード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

黒部源流BC/薬師岳

翌日は悪天予報のため、一日早く切り上げて下山することも考えましたが... 
次はいつ来れるのか分からないとなると、心残りを作りたくないっ(>_<)

翌日は停滞することに決めて、本日は薬師へ👊

P5051570.JPG
お。思ったより青空〜♪ 
薬師岳山頂には雲が引っかかってるけど、取れてくれるかしら?



More...
posted by kazumi at 00:00| Comment(0) | 山ボード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

黒部源流BC/黒部五郎岳

IMG_2044.JPG
ツアー中、多分一番の好天日?
なのでこの日はロングな黒部五郎岳に向かうことにしました。


More...
posted by kazumi at 00:00| Comment(0) | 山ボード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

黒部源流BC/太郎平小屋

このGWは、好天&お休み&体力&お金が揃ったときに行きたい!と思っていた
太郎平小屋をベースとした黒部源流BCに行ってきました♪
P5041516.JPG

P5041526.JPG



More...
posted by kazumi at 00:00| Comment(0) | 山ボード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

鳥海山BC/猿倉

image1.jpeg

今シーズン、鳥海山には愛されてるなー

なんて
完全なる勘違いかもしれませんが(^_^;)
この日も最高の景色と感動を頂きました。

More...
posted by kazumi at 00:00| Comment(0) | 山ボード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

月山BC/清川〜四ツ谷

posted by kazumi at 00:00| Comment(0) | 山ボード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

焼石岳BC

スキーで山に行けるようになったら行きたいルート、ベスト10に入ってたルート。
↑そう、傾斜がないからボードではねぇ〜
でもスキーで、と言ってたらいつになったら行けるのやらで( ̄▽ ̄;)
今年、北泉に山スキーで行ってその懸念がより強くなりましたので...
天気はイマイチな週末でしたが、冬期通行止めが解除になったこの週末を逃すと雪解けが進んでますますボードでは大変になりますので、えいやっと行ってきましたー💨

P4091280.JPG
More...
posted by kazumi at 00:00| Comment(0) | 山ボード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

鳥海山BC/文殊岳

P4021172.JPG
まさか標高300に満たない登山口でも雪が降ってるとは(@_@;)
内陸ならまだ分かるけど、すぐそこは海なのに。凄いな、鳥海!

先週とおぼしきスキーとツボ足のトレースが何本か見えました。

これも先週のお客様の作品でしょうか?
P4021179.JPG
力作ですね!休憩ポイントに何個も残されていました^^

P4021184.JPG

去年滝の小屋でお会いした地元のスキーヤーから、ゾンデ棒で小屋を探り当てて掘り起こす
なーんて話を聞いて以来気になっていた万助小屋....

P4021191.JPG
先週掘り起こされたのでしょう。まさか会えるとは思わなかった〜
 
でも、窓開かなかったので入れず...

P4021197.JPG
小屋から上はいよいよ森林限界を超えて純白の世界へ...

そう。この景色が見たかったのです!!(*≧▽≦*)

P4021219.JPG
左から笙ケ岳・鍋森・文殊岳・月山森

昨年二の滝から月山森に登った時に見た、鳥海の内院とでもいうのだろうか?
外界とは切り離された真っ白な異空間にぞわぞわきたけど、
今、そのど真ん中に身を置いているのだ!!!

高い山々に囲まれた真ん中に身を置くって。そのど真ん中を悠然と歩くなんて。
ヒマラヤトレッキングとかって、こんな感じなんだろうなー。(←いろいろ妄想中)

P4021215.JPG
小屋を過ぎた頃から時折雲が流れていたのが、谷全体にガスが立ち込めるように.... 

↓ 南ノコマイを対岸に渡って振り向いたとこ。
P4021227.JPG
比較対象物が何も映ってないので上手く伝わらないけど、濃いガスの中進むのに躊躇した先には雪庇。
直進しなくてよかったー。

ほんっとに一面真っ白な凹凸のない世界なので、ちょっとのガス&曇り空でも斜面の境が見えない。
全てが埋まりきった大雪原かと思いきや、沢沿いは陥没した崖になってる部分があるので、視界の悪い時はこのルート、危険ですね。。。
(帰りも視界の全てが白すぎて、日が陰っただけでも見づらかったです)

P4021233.JPG

P4021241.JPG

P4021251.JPG
見覚えのある、印象的なオブジェが見えてきた♪

最後の登りはガスが強まってきたので、何度か足を止めて視界が良くなるのを待ちながら。間違って稜線踏み抜いて千蛇谷に落っこちたら大ゴトだし!

文殊山頂に着いたときはちょっと視界が明るくなって、滑走準備をしている間にガスが抜けた!
P4021262.JPG
先週間近で見逃した新山。

千蛇谷を見下ろすと一本のトレース。
この青空の瞬間をついて滑り降りてこないかとカメラを構えて観るものの、なかなか降りてこない。 
ガス優勢な空模様に早く降りないと自分の方がマズいので、残念ながら滑降シーンには立ち会えずでした。残念。

さて、本日私が頂くのはこちらの斜面。
P4021274.JPG
ガスが抜けた瞬間を待ってドロップーーー💨

P4021243.JPG
右手の沢状大斜面、とてもいい感じのパウダーでした☆ 

ツボだと膝まで潜る雪なので、諦めてシールを貼り直して対岸に。
そんなことしている間にあっという間に雪雲に追いつかれてしまった。
ガスると傾斜がないところほど、バランスが取れずに滑りづらい...(>_<)
コテコテな滑り〜からの、やがて木やブッシュが見えるようになってやっと快適に滑れるようになって、小屋まで降りたら本降りな雪! 
今年は冬が長いなー。
おかげで4月とは思えないような異世界を堪能することが出来ました

[行動タイム]
P(6:30)−(9:20)万助小屋(9:35)−南ノコマイ徒渉点(11:10)−(13:10)文殊岳(13:35)−(14:35)万助小屋(14:45)−(15:50)P
posted by kazumi at 00:00| Comment(0) | 山ボード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

鳥海山BC/千蛇谷

去年同じ時期に来たときには駐車場が除雪されていたのですが、今年はまだでした。
今年は雪が多いからかな?
予報では午後から雲が広がるとのことだったので、少々早めの出発です。

P3261073.JPG
樹林帯をぐいっと登り上げて... この絶景✨✨

昨日天気が良かったはずだから、樹林帯の雪は腐ってるだろうと思ってたのに
なぜか樹林帯の雪質上々!? これは上部パウダーなのは間違いない⤴⤴⤴

(後で地元のボーダーさんとお話ししたところ、前日は夕方まで曇りだったらしい♪)

P3261083.JPG

今年は雪が多いから、去年以上に真っ白な世界。
美しい風紋もなお鮮明な気がします。
P3261087.JPG
不穏なガスが流れ始めて、ちょっと気持ちが焦ってきたころ
先行していたスキーヤーが滑り降りてきた。
P3261101.JPG
ガスってきたから引き返したのかと思ったけど、午後から用事があるとか?
鳥海山がゲレンデ代わりとは地元の方が羨ましいですね〜^^
トレースのお礼と、斜面の具合をお伺いすると
ちょっと重めだけど板を廻すには問題ないとのこと。てことは……ボードならパウダー認定だなっ♪
気持ち良さそうなスプレーを上げる後姿を羨ましく見送ったら
ここからは先行者もなく、一人で斜面を登り上げます👊
P3261108.JPG
どんどんガスが湧いてきた... この景色はデジャブだな...
そう、 去年と全く同じ(>_<)
でも違うのは風がそれほど強くないことかな?
なので一人でも悲壮感は漂わない。ホワイトアウトな斜面をガスが薄れるのを待ちながら着実に進むと、山頂神社が近づくにつれて視界がちょっとづつ良くなってきた。

神社周辺のシュカブラ帯を越えて神社裏の急斜面に取り付いたら、急激にガスが取れ始めた。

P3261127.JPG
おーーーー、ガスの向こうに七高山!!!

でもって、ちょうど取り付いた神社上の急斜面もその姿を現した。
アイゼンを取り付けようと一旦急斜面を降りたところだったんだけど

P3261131.JPG
尾根の手前はエビの尻尾が... (・_・;)

確かに前回も前々回もこの斜面には段差ができてたけど。
でもなんとかなるレベルだったので気にしたことなかったけど。
冬期はあんなにエビの尻尾が発達する斜面なんだーーー
今日のあの発達具合のエビの尻尾を踏み越える自信なし

じゃあ七高山とのコルにいったん降りて尾根を登ろうかと斜面を見降ろすが…
私がスキーモードで降りれる斜面じゃなかった

いろいろ考えたが、今は青空も覗かせてくれているが終始ガスは流れ続けているわけで
今日は山頂を諦めて、このパウダー斜面を視界のあるうちに楽しむことに気持ちをシフト。

P3261135.JPG
神社周辺、そして外輪にへばりつくエビの尻尾群は大迫力。

P3261139.JPG

去年潜った鳥居を探したけど、今年は完全に雪に埋没しているようで発見できず。
残念だけど、準備をしていざ滑走💨 て思った瞬間ガスーーー。

暫しガス待ち。
待っても残念ながら先ほどまでの青空が来なそうなので、
滑走に問題ないレベルの視界が取れた瞬間にドロップ。

P3261146.JPG
期待を裏切らない、この時期にしては極上なパウダー♪
P3261145.JPG
が、大斜面から千蛇谷の底につくとガスが濃い。
無風状態だしここは一番ガスが溜まるところだからしょうがないのだろう。
ここでガス待ちしてもしょうがないので、ストックを杖代わりにふらふら、コテコテしながら高度を下げる(>_<)

やっと対象物が見えたー!助かったー!と思ったら、後続パーティが滑走準備しているところでした。

P3261155.JPG

ここからは視界がある中での楽しい滑り〜♪
まだまだ雪も心地よいパックパウダー
P3261163.JPG

P3261168.JPG

最高な景色の中、今年も寂しさ一杯のパウダー滑り納め。

(てこの時点では思ったけど、ムフフなプレゼントがまだあったのでしたー)

[行動タイム]
中島台(5:40)−(11:40)大物忌神社(12:35)−(14:10)中島台
posted by kazumi at 00:00| Comment(0) | 山ボード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする